保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜

「終身型」と「期間限定型」それぞれのタイプの保険の特徴を十分に知った上で自分にあったものを選びましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

終身型と期間限定型

「終身型タイプ」か「期間限定型」か、医療保険に加入するさいどちらかを選ぶ必要があります。
どんなことを考えて選んだらよいでしょうか。
「終身型」は一生涯同じ保険料で補償が続くタイプです。
「期間限定型」よりも保険料は割高に設定されています。
「期間限定型」のメリットは子どもの教育にお金がかかる時期や住宅ローンの返済期間中など費用がかさむ時期には、このタイプの医療保険にして保険料を低く抑えることができる点です。
しかし、期間が満了して更新をするたびに保険料は上がっていきます。
高齢に差し掛かり収入が減る時期には負担が大きくなるかもしれません。
「終身型」の場合、20歳代30歳代の若い頃に加入すると期間限定型よりも保険料が高くなるということになります。
年齢が上がるにつれて終身型のほうが安くなっていきます。
ですから、こうした保険の性質を考えるとリスクの少ない若い時期には「期間限定型」を選び、年齢が上がってきたら更新時に「終身型」に切り替えるというのも良い方法です。
「期間限定型」は若い人、また今だけでも保険料の負担を少なくしたい人、途中で保険をやめたり他の保険に切り替える予定がある人に向いているといえるでしょう。
一方、「終身型」は長く保険料を払い続ける場合、トータルの保険料の支払いが「期間限定型」よりも有利になります。
ですから、同じ保険にずっと入り続けるつもりの人にとって適しています。
それぞれのタイプの保険の特徴を十分に知った上で自分にあったものを選びましょう。
Search


Copyright (C)2018保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜.All rights reserved.