保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜

男性と女性とでは体の作りが違っていて、かかりやすい病気も異なりますから、女性特有の病気に手厚い保障がある女性専用の医療保険が存在します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

女性用医療保険

女性用の医療保険や特約について考えたことがおありでしょうか。
当然女性も、男性と同じ一般的な医療保険に加入することができるわけですが、女性専用の保険のメリットにはどのようなものがあるのかここで考えてみましょう。
まず、そもそもなぜ女性用の医療保険があるのでしょうか。
男性と女性とでは体の作りが違っていて、かかりやすい病気も異なります。
たとえば、女性特有の出産に関してですが、正常な分娩は病気ではありませんので医療保険の保障対象にはなりません。
しかし、吸引分娩、帝王切開などは医療保険の保障対象になります。
帝王切開娩出術を行う割合は年々高くなってきています。
女性専用の保険に加入することで、こうした女性特有のリスクに備えることができます。
女性用の医療保険のなかには乳がんなどで乳房を切除した場合に乳房再建費用を保障しているものもあります。
このほかにも、乳がん、卵巣がん、子宮がん、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症、流産、妊娠・分娩の合併症、卵巣機能障害、卵巣嚢腫なども手厚く保障されています。
もちろん、一般の医療保険でもある程度これらに対する保障はあります。
しかし、女性特有の病気に対して手厚い保障が必要だと考えるなら女性用医療保険を選ぶとよいでしょう。
現在妊娠中の人は保険会社に保障内容を制限されたり、加入することを断られることがあります。
これらの詳細については各保険会社に問い合わせて確認する必要があります。
Search


Copyright (C)2018保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜.All rights reserved.